既製服が中心の現代では、オーダーメイドの機会はほとんどなくなりました。そんな現代において一着の服を仕立てるという行為は、その行為そのものが価値のある楽しい出来事ではないでしょうか。ローブデコルテでは日常お召しになるアイテムからウエディングドレスまで、フルアイテムのオーダーメイドを承っております。自分だけのドレスメーキングプロセスを体験されては如何でしょうか。こちらではフルオーダーアイテムのメーキングプロセスを一例にご紹介致します。


デザイン画



アイディアのラフスケッチ







フルオーダーアイテムの製作プロセス




1.ご希望をお聞きする


ご希望のアイテムのデザインや素材などについてお話をお聞き致します。
具体的なデザインのお話はなかなか難しいものですが、体型的なお悩みや素材のお好みなど、普段お召しになっているアイテムのお悩みや憧れのイメージなど、デザイナーがご相談に応じます。

映画や絵画、音楽など様々なインスピレーション、好きなもののお話をお聞きすることで服のイメージが膨らんでいきます。服の具体的なイメージがまとまっていったり、サロンにあるデザインの本や写真集などを参考にアイディアを考えたり・・・イメージを膨らませながら、服やスタイルのポイントを絞り込んでいきます。

サロンにはいくつかのサンプルやコスチュームジュエリー、ファーアイテムなどがございます。それらをご試着頂いてフィット感や商品のイメージ、仕立てのイメージなどを感じて頂くこともできます。尚、ご相談に特別な費用はかかりません。



映画のワンシーンからのイメージや
50年代、60年代の写真集や雑誌からの
インスピレーションなど





サラ・ムーンの展覧会



本、音楽や絵画からのインスピレーション








2.デザイン画



フルオーダーメイドでは、ご相談頂いた内容をデザイナーがデザイン画にてご提案致します。素材のイメージもご提案致しますが、素材はカラーや在庫状況の制約がございます。まずはデザインの方向性をお伝えし、その後、素材とディテールを仮縫いをしながら詰めて参ります。概算の価格もご呈示致します。価格は使用する素材と仕立てによって変わります。

素材については日常使いのウォッシャブル素材、オケージョン向けのシルク素材、冬物のカシミヤ、ベロアなど、実物やサンプルでご覧いただけます。レースは繊細なリバーレースの見本を中心にご用意しております。また、ウエディングドレスや特別なアイテムでは、お客様の1着のドレスのためにシルクを染め世界に一つだけのドレスをお作りすることも可能です。


リサイタルドレスのデザイン画


リサイタルドレスのレース
ベルベットに合わせて
染めたもの



シルクのバリエーション


ドレスのデザイン画と付属


ワンピースのデザイン画





3.デザイン決定
ご注文後、採寸・パターン製作・仮縫い・補正



デザインがまとまり、オーダー頂きましたら採寸を行います。採寸は、アイテムにより簡単な場合と細かく行う場合とがございます。

ローブデコルテではデザイナー自身が、描いたデザイン画から採寸した寸法を元に立体裁断によってファーストパターンを作ります。デザイナーが自ら鋏を持ち形を作ることは現代の既製服ではほとんどありません。しかし、伝統的なクチュリエと呼ばれるデザイナーたちは、デザイナー自身が縫製や型紙を学び、クチュールドレスの仕立てや縫製まで熟知していることがほとんどです。そのようなものづくりの大切な部分をローブデコルテでは大切にしています。

ファーストパターンから シーチングやトワルと呼ばれる仮の布で実際のアイテムを裁断・縫製しデザインを形にしていきます。





スーツの仮縫いのトワル


仮縫いは、お客様の体型やボリュームのバランス、デザイン的な確認だけではなく、服の持つ雰囲気を作って行く作業になります。お客様の身体のバランスにぴったり合った服は同じ服でも全く違う特別の魅力があるものです。

オーダーメイドの服と既製服の持つ雰囲気の違いは、まさにこの手間暇をかけたプロセスによるものです。型紙を構成する線の質やちょっとしたバランスの違いがその人の印象を大きく左右する服の違いになっていきます。

ローブデコルテでは体型に応じた補正をするだけではなく、パターンの構造・仕様をお客様にあわせて決定していきます。パネルのバランスや各ラインの強弱・カーブの具合、また、アクセサリーや他の要素とのバランスなどを考えながら、最終的なアイテムの作り方をまとめていきます。


ワンピースの仮縫いのデザイン画とトワル







縫製・仕上がり・最終フィッフィング

最終パターンを製作した後、熟練した職人が縫製工程を担当致します。仕上がりの後、最終フィッティングにて仕上がりを確認して頂きます。また、それと合わせてドレスなどの場合はヴェールやリボンなどのコーディネートアイテムも合わせて確認して頂く場合もございます。












裁断鋏


立体裁断用ボディ

ボディは様々なサイズと体型のものを使用します。
お客様の体型によってボディを補正し
その上に生地をおいて裁断し
デザインを形にしていきます。
既製服ではその作業を1つ行い何百枚も生産しますが
オーダーメイドではお客様ごとに
一着ごとにその作業を繰り返します。
気の遠くなる様なプロセスですが
それにより生まれる魅力の違いがあり
その魅力こそがオーダーメイドの愉しみでもございます。








ヴェールやリボン、その他アクセサリーなどのコーディネートアイテムはドレスを魅力的に演出する大切な要素です。ローブデコルテではヴェールのお作りも承っております。ヴェールの長さやレース使いなどもオリジナルでデザインすることも可能です。

アクセサリー・付属類の色合いやバランスもドレスに合わせてお選び頂きお作り致します。スワロフスキーや天然石の釦の輝きは、リボンやチュール、ドレスの生地とのコントラストに栄え、また人々の目にとまるアクセントとなります。教会式や披露宴でのライティングでは、上品な輝きを放ち、花嫁を彩るものとなります。国内にはない釦やアイテムはニューヨークなどの海外から取り寄せて使用しております。




フランスのアンティークレースのボンネヴェール



ウエディングドレスQ&A/よくあるご質問



◎ドレスのレンタルはしていますか

ローブデコルテでは現在レンタルのお取り扱いはございません。


◎海外ブランドと国内ブランド、アトリエドレスとの違いは何ですか?

まず製作の点から申しますと、一番大きな違いは使用している裁断用のボディが違います。海外ブランドのドレスはその国の体型に合わせたボディで製作したドレスが基本になり、その寸法からオーダーの内容によって寸法を修正します。ローブデコルテにはアメリカのボディもございますが、たとえバストやウエスト寸が同じであってもその形状は日本のボディとは全く違う形状です。海外ブランドのドレスは、デザインの点で特徴が際立っており目を引くデザインも多いかもしれません。ただ、体型に合った美しいドレスと言う点では、日本人に合わせた裁断ボディで製作したドレスの方が、よりフィットし美しいと言えます。

また、国内ブランドドレスとアトリエドレスの違いですが、それはレンタルドレスとオーダードレスで違います。基本的にレンタルドレスは、不特定多数のお客様に合わせられるような作りになります。そのため、仕様が編み上げであったり、素材が固かったりと、耐久性も意識した作りになっています。一方、オーダードレスの場合は、体型などに合わせたお作りが可能なためフィット感は優れております。デザインや価格についてはそれぞれのブランドで様々です。

尚、オーダードレスの場合も海外の工場に製作を委託しているオーダーアトリエも多くございます。格安オーダーの場合そのようなケースが多く、その場合は国内のオーダーアトリエとは違うアトリエと認識して頂いた方がよいと思います。


◎フルオーダーしたドレスはどのように保管したら良いですか

シルクのドレスでは、虫食いなどの心配もございます。そのため、ご使用後はシルクドレスなどのお取り扱いの多い専門のクリーニング店にご相談ください。また、ウエディングドレスはサイズも大きいですので保管にも場所を取ります。オーダーでは、それが悩みである場合も多いですが、ローブデコルテのドレスはパニエはセパレートで保管できるようにお作りしています。ドレス本体だけですと実際には然程大きくなりませんが、より小さく保管したいお客様には、クリーニング後専門業者による真空のドレスパッキングをおすすめしております。


◎サイズは自由にお作りできますか

フルオーダーではトアルによる仮縫いを経てお身体に合わせてお作り致しますので、サイズは自由です。フルオーダーでは基本的にサイズの概念はなくお客様個別の寸法に合わせて型紙をお作り致しますので、身体に合わせたドレスが仕上がります。



◎シルクドレスの価格について詳しくお聞きしたいのですが

ローブデコルテでは、お客様のご要望をお聞きした後、ひとりひとりのお客様にデザイン画で個別のデザインをご提案致します。その際に、そのデザインのお見積書を添付致します。ドレスの価格につきましては、ドレス本体価格とその他のアイテム(アメリカですとオプションと言われる追加のリボンやチュール、アレンジなど)の合計価格が概ねのドレスの金額になります。シルクの種類やレースの種類、デザインの内容によって価格は異なります。



◎ローブデコルテのドレスはオリジナルの日本製ですよね

ローブデコルテの商品はウエディングドレスをはじめ、リトルブラックドレス、コート、ワンピースに至るまで全てローブデコルテのオリジナルデザインで日本製です。ブランドオリジナルですので、もちろん、デザインからファーストパターンの製作、パターン修正・管理などもアトリエ内で行っております。そのため、一度オーダー頂ければ、他のアイテムでも以前の寸法データをベースにお身体に合ったお洋服をお作りすることが出来ます。毛皮のアイテムについては海外で製作しているものもございます。それは高品質なファー原料を調達できる理由からです。



◎ローブデコルテのシルクはどんなシルクですか

ローブデコルテのミカドシルクをはじめとしたシルク素材は、日本国内で独自に織ったものとヨーロッパのものとに大別されます。
ローブデコルテでは、シルクの品質はもちろんですが、何よりドレスが形に仕上がった時のシルエットを考えた生地をご提案致しております。デザイナーはヨーロッパの生地メーカーをはじめ、日本のシルク生地産地や中国のシルク生地産地を訪れ、それぞれの素材の良さや欠点を熟知しております。ウエディングドレスではしっかりしたシルクを使用する機会が多いので、日本やヨーロッパのものが多いですが、薄物であれば中国の蘇州などにも良い生地がございます。それらの経験をふまえ、シルエットの表現に適した素材をお客様と決定していきます。


◎縫製仕上がり後のお直しは可能ですか

製作期間中の体型の変化等で寸法が変わってしまった場合など、縫製仕上がり後のお直しは、有料でお受けしております。


◎似合うスタイルが分かりません

ぜひご相談して頂けましたらそれぞれのスタイルの特徴などをご説明致します。


◎お支払いを2回に分けることは出来ますか。

ローブデコルテでは、ご注文確定時にお支払い金額の全額をお支払い頂いております。